リボ払いの借金地獄から脱出する方法を紹介します

借金してる感覚が無いから

リボ払いで借金地獄に陥る人は、『借金してる感覚が無いから』知らない間に借金を増やしてしまうのです。

 

クレジットカードは契約内容にもよりもますが、基本的には利用限度額内であればリボ払いに変更することが出来ます。

 

 

そのため、支払いはきつくなってくると、「今月はリボでいいか」と安易に変更してしまう人がいます。

 

しかし、本来ならば、「リボでいい」はずはありません!

 

リボ払いに変更するということは、厳密に言えば『自分の支払い能力を超えた買い物をした』という証明です。

 

「リボでいいや」を毎月繰り返すということは、それだけ『支払い能力を超えた買い物を繰り返している』ということです。

 

金銭感覚が狂っているのに、自覚症状はない。

 

これがリボ払いの一番怖い点です。

 

キャッシングやカードローンは、審査を経てお金を貰うので「お金を借りた」という危機感がありますが、リボ払いの場合は、審査も何もなくクレジットカードの利用限度額内で自由に利用できてしまうので、どうしても【借金をしているという危機感】を持ちにくいです。

 

リボ払いで雪だるま式に増えてしまった借金がある場合、低金利のカードローンを利用しないと、なかなか完済することが難しくなってきてしまいます

 

利息が高いから

また、リボ払いが増えると返済が苦しくなってくるのは、『利息が高い』からです。

 

リボ払いの利息は年利15%〜18%前後が多く、下手をすれば消費者金融の金利よりも高いケースもあります。

 

これまで消費者金融などでキャッシングをしたことがない人ほど、リボ払いが消費者金融の金利よりも高い可能性があると知らないケースが多いです。

 

それだけリボ払いは金利が高いので、安易に手を出して良い支払い方法ではないのです。

 

リボ払いはあくまで【最終手段】であり、【メインの支払い方法】にしてはいけないのです。

 

自分がどれだけの利息を支払っているのか、わかっていない人は、是非自分の利息を確認することから始めましょう。

 

そしていかにリボ払いが金利が高く、元金が減らずに借金地獄に陥りやすいのか、早く気づくべきです!

 

特にリボ払いを一括で返済できないくらいの金額になってしまった場合は、長期の返済が予想されますので、出来るだけ早い段階で金利の安いカードローンへ乗り換えをすることをおススメします。

 

長期になればなるほど、リボ払いの高金利に苦しめられて、なかなか借金の元本が減らなくなってしまいます。

 

返済が遅延して信用情報が悪くなる前に、低金利のカードローンへ移った方が賢明です。

 

支払いを遅延するとそのうち解約へ!

リボ払いの苦しさから、支払いを遅延するようになってくると、いよいよ『解約』が迫ります。

 

一般的に『ブラックリストにのる』と呼ばれる『信用情報への金融事故情報の記載』は、61日以上もしくは3カ月以上の延滞で行われるとされていますが、各クレジットカード会社との契約はそれぞれのクレジットカード会社の判断によって違います。

 

そのため、1カ月遅延しただけでも解約される可能性があります。

 

ブラックリストに載る時期とクレジットカード会社から解約をされる時期というのは、必ずしも同じわけではないのです。

 

そのため、支払いが遅延するようになってしまった人は、クレジットカードの解約をされた上に、残ったリボの残高を支払い続けないといけなくなってしまうので、最悪のパターンになりかねません。

 

リボ払いの遅延をするようになってしまうと、信用情報も悪化して、低金利のカードローンの審査も受かりにくくなってしまいますので、低金利のカードローンへの乗り換えを検討しているのであれば、『切羽詰ってから申し込む』のではなく、『支払いに余裕があるうちに申し込む』のがポイントです!

 

低金利のカードローンも、審査に落ちてしまえば、利用できなくなってしまいます。

金銭感覚が甘い人はリボを持ってはいけない!

リボの借金地獄は、自分の収入の範囲を超えた買い物癖がついた、いわゆる『金銭感覚が甘い人』がハマりやすい罠です。

 

自分の収入以上に、大きな買物をしようとしなければ、リボを使っても、大きな借金にはなりません。

 

 

しかし、金銭感覚が甘い人がリボを使うと、どんどんとリボ払いの残高が大きく膨れ上がってしまい、支払いが苦しくなってしまいます。

 

特に最近は、『あとからリボ』というショッピングの後にリボ払いに変更できるサービスが普及し、『あとからリボ』の影響で、「万が一、支払いができなくなったらリボ払いにすればいい」という安易な発想になってしまっている人もいます。

 

こうした支払いを「なあなあ」にしている人は、『あとからリボ』を利用していると、金銭感覚が麻痺してしまい、現金だったら絶対に買わないような、大きな金額の商品にまで手を出すようになってしまいます。

 

リボ払いを選択する人は、「現金だったら本当に買うのか?」よく考えて買い物をする必要があります。

 

まずは、リボ払いではなく、一括で支払いができる程度に買い物をする癖をつけるようにしましょう。

 

『あとからリボ』などを利用して、支払いを後伸ばしにしているのは、最終的には自分の首を絞めることになるのを覚えておきましょう。

 

更新履歴